愛知(尾張・三河)の歴史|HAPPYな転職をアナタに!看護師のためのサポートサイト!

HOME   >   愛知(尾張・三河)の歴史

愛知(尾張・三河)の歴史

愛知県はかつては尾張国と三河国に分かれており、 戦国時代から江戸時代を中心に日本の歴史の中心に近い立ち位置で表舞台に立ち続けていました。

平安~室町時代

愛知県はこの時代の支配者氏族と関わりが深い地域です。 鎌倉幕府を開いた源頼朝は名古屋市熱田区で生まれたという説もあり、 鎌倉幕府の後に日本を治めた室町幕府を開いた足利市は西三河地方の細川氏・一色氏・吉良氏・今川氏などと関係が非常に深く、 この地域の重要性を表しています。

戦国時代

織田信長 この頃の愛知は、尾張の国から織田信長や豊臣秀吉、三河の国からは徳川家康という、いわゆる天下人とその礎となった 大人物をそれぞれ輩出しています。

尾張の国は戦国時代の初期には、その中で複数の豪族が割拠している状態でしたが、 信長の出現により織田家の配下に置かれることになりました。対して東の三河は当時の屈指の古豪であった今川家が統治しており、 家康もその配下にありました。

その後今川家は桶狭間の合戦で信長に大敗してしまうお話はあまりに有名です。

桶狭間の合戦以外にも、小豆坂の合戦、小牧・長久手の戦いなど戦の場にもなった愛知は、 戦乱の中心地でもあったわけです。

江戸時代

徳川家康 三河から出た徳川家康が開いた江戸時代には、徳川一族や、徳川家に近い譜代大名の多くは譜代大名であり、 前田家、池田家、浅野家、山内家などの尾張出身者が幕末まで各地で大きな藩を治め続けた。

また、これらの大名家以外にも、家臣団も封地へ移住しており、
この時代の日本は大部分を尾張・三河出身の武士によって支配されていたということになります。

また、江戸時代に反映した日本的建築や日本的文化は、尾張・三河地方出身者による影響が大きいとされています。

明治時代

明治時代に廃藩置県が行われると、三河10県と伊那県足助庁、尾張国知多郡を統合して額田県となりました。 更に第1次府県統合で旧尾張藩であった名古屋県と犬山県が統合された名古屋県は、その翌年の1872年に愛知県になりました。 そしてその後額田県を編入、ほぼ現在の愛知県の範囲が確定しました。

どうして愛知は名古屋が有名なのに愛知県なのかな?と思われることもありますが、名古屋県になっていても決して不思議では無かったわけです。

TOPページ