【面接】面接時のマナーとコツ|HAPPYな転職をアナタに!看護師のためのサポートサイト!

HOME   >   【面接】面接時のマナーとコツ

【面接】面接時のマナーとコツ

病院の特徴さえつかんでおけば大丈夫

面接する看護師

看護師は一般の業種の就職活動とは違い、面接からの合格率が高いことが知られています。 従ってそれほど構えすぎずに、いくつかのコツのみ準備しておけば問題ないでしょう。そのコツについて、 共通していえるポイントはここで記載しますが、病院側から見られるポイントや聞かれることは施設によって様々です。

ですのでこれまでに面接した方はどのようなことを聞かれたのか、 事前に転職サイトのコンサルタントに教えてもらうのが一番安心です。

見た目で足切りされないよう注意

面接ほど第一印象の見た目で失敗をする場面もありません。 「ぱっと見が派手」などの理由で不合格になった方をこれまで何人か見ています。 外見が派手だからダメということではなく、 面接時に派手な格好をしているということで「空気が読めない」「協調性にかける」と判断されるということです。

面接時のファッションは就職活動中の学生さんをイメージして、派手さは控えて、
相当おとなしい程度の格好で臨んでおいて損はしないでしょう。 しかし、美容系などの外見も判断されるところでは、派手さは控えた上で美しく見えるような工夫が必要でしょう。

服装:出来ればスーツ、無ければジャケットでも良いでしょう。アクセサリーも身につけない方が良い
化粧:ナチュラルメイクが良いです。スッピンはダメです
:パンプスが望ましいです。ヒールが高い(5センチ以上)の靴や、サンダルは控えましょう。
:長い方は束ねておいてください。明るい色も好ましく有りません。
:マニキュアは控える方が無難です。

面接の時はハキハキと、アナウンサーのイメージで

面接の際に見られるポイントは、「一緒に過ごしたい人か」「患者さんや職場の人と円滑にコミュニケーションできるか」 です。控えめすぎるのも良く有りませんが、聞かれてもないことを話しすぎるのも良く無いでしょう。 テレビに出ているアナウンサーのように、笑顔でハキハキとした受け答えすることを意識すれば問題ありません。

話す内容での注意点

ok看護師 面接の時はあなたの看護観やこれまでの仕事内容、今の仕事の退職理由などを聞かれますが、退職理由の話し方には注意してください。

「残業ばかりで」「師長さんと合わなくて」などの 前の病院の悪口を言ってしまいそうになりますが、これはできるだけ控えましょう。 再就職の条件で休暇や残業などの要望があれば、退職理由とは一端分けて話をすることが望ましいです。自分のステップアップや、 やむを得ない理由で退職したことを話せるよう用意しましょう。

これらのことをひと通り頭に入れて面接に行けば、基本的には問題ないでしょう。どうしても不安だという方は、 先輩の看護師や求人サイトのコンサルタントに面接の練習をしておけば、自信を持って面接に臨めるでしょう。

TOPページ