【海外】看護師が海外で働くには|HAPPYな転職をアナタに!ナースのためのサポートサイト!

HOME   >   【海外】看護師が海外で働くには

【海外】看護師が海外で働くには

ドクター&ナース 海外で働く日本人が増えていますが、看護師についても例外ではありません。人がいるところに医療がありますから、 看護師は世界のどこでも貴重な人材になるわけです。

但し、日本の看護師免許があれば世界のどこでも働けるわけではありません。 その国で働く資格を取りやすい国と取りにくい国がありますので、参考にしてください。


看護師資格が取りやすい国

日本での免許がそのまま使えるわけではありませんが、 優遇制度を設けているところがあり、オーストラリア、イギリス、ニュージーランドなどがそれに当たります。

イギリス

イギリス国旗 イギリスの場合は、NMC(Nursing and Midwifery Council)に看護師として登録する必要があります。日本で正看護師の資格があり、 一定の実務経験があるときは、 書類を作成しONP(Overseas Nurses Program)という研修を受講するとNMCに登録が出来ます。 看護師資格が無い方は、看護師養成コースを2~3年かけて受講することで、NMCに登録できるようになります。

オーストラリア

オーストラリア国旗 日本の看護師の免許がある方は、規定のコースを修了し、州の機関に登録することで現地での看護師の資格が得られます。 看護師の免許を持っていない方は、オーストラリアの大学などで学位を取り、 その後実習を行うことで州の登録機関への登録と現地の看護師資格が得られます。

現地試験の合格が必要な国(アメリカ)

アメリカ国旗 アメリカで看護師として働くにはNCLEXという試験に合格しなければなりません。 それを受験するためには、アメリカの大学や短大の看護課程で学ぶ方法が一般的ですが、日本の看護師免許を持っている場合は、 英語と看護の知識についての能力チェックのためのCGFNSという試験に合格する方法がオススメです。 その際に必要となる英語力のレベルはTOEFLで500~550点、IELTSの場合はBand6.5程度です。

アメリカでNCLEXに合格していると、留学等では得られない就労ビザや永住権の申請がしやすいので、アメリカに長期滞在したい、 もしくは永住したい人には人気があります。

カナダ

カナダ国旗 カナダでは、日本で3年以上看護師としての実務経験があれば、語学試験と国家試験に合格することで現地で看護師として仕事をすることが可能になります。 看護師の資格を持たない場合は、他国と同様、現地の学校で学び、資格を得る必要があります。



以上が各国での看護師資格の取得方法です。
日本で乗り越えた高いハードルをまた越えていく必要がありますので、現地での資格取得には強い意思が必要 になるでしょう。しかし、海外での最先端の医療知識を日本で活用したいという方や、 海外で看護師の知識を活かして生活していきたいと言う人には、越える価値のある壁だと言えるでしょう。

TOPページ