【退職】退職時のマナーとコツ|HAPPYな転職をアナタに!看護師のためのサポートサイト!

HOME   >   【退職】退職時のマナーとコツ

【退職】退職時のマナーとコツ

指差し看護師2 「退職までのスケジュール」のページでも記載していますが、就業規則に特別な記載が無い限りは辞める 2週間前にメールや書面で退職の意思を伝えていれば、いつでも退職することが出来ます

しかし、次の職場で気持ちよく働くためにも引き際は上手に過ごしたいものです。

直接応募のメリットも存在する

退職届けを出す際に、上長から「本当の理由をきちんと記載して提出しなさい」と言われることがたまにありますが、 その必要は全くありません。「一身上の都合により、平成○○年○月○日をもって退職したくお願い申し上げます」くらいに記載して、 印鑑を押して渡せば何も問題ありません。

実際の理由は口頭で伝えるくらいで良いでしょうし、それによって遺恨を残して辞めてもメリットは何もありません。

新人ナースの退職

美人看護師2 誰でも退職するというのは勇気と決断が必要ですが、新人ナースならなおさらでしょう。 すぐ辞めるなんて自分は根性が無いのではと思うこともあれば、 付属大学からそのまま大学病院に就職した人は一定期間勤務しないと授業料が返ってこないなど、お金を握られている場合もあります。

また、そもそも教育担当のプリセプターと合わないから辞めたいのに、プリセプター以外にろくに相談する人がいなかったりもします。

そんなときはまずは他の施設で働いている友人や先輩のナースに相談してみましょう。 また、相談できるような人が見つからないというときは転職サイトのエージェントに相談してください。 彼らは圧倒的に多くナースや施設について見てきた人達ですから、信頼して良いでしょう。

頼れるコンサルタントがいる、オススメ求人サイトはこちら

失業保険は当てにしない

大まかに言うと6ヶ月以上継続して働いていて、雇用保険をきちんと納めていれば、失業保険を受け取ることが可能です。 但し、自分から辞めたときは、退職してから3ヵ月が経過しないと支給が始まらないのですが、 そもそも3ヶ月間収入なしで生活するのは物理的にも精神的にも辛いでしょう。

ただし、「最後の3ヶ月は45時間を超える残業をしていたことを証明する」という方法で会社都合という風に判定してもらうことも可能ではありますが、 そんなことに労力を注ぐのはあまり生産的とは言えません。新しい職場を精一杯探すことをおすすめします。

TOPページ